「獣になれない私たち」がとても心に刺さる作品だった

ふーかです。

ついさきほど「獣になれない私たち」を見終わったのですが、本当に良い作品でした。
観終わったあとはしばらく余韻に浸るというか、心のどこかで淀んでいた何かが流れ落ちたような、なんとも言えない開放感で、ぽーっとしてしまいました。

そんなわけで、感じたことをつらつらと記事として書き留めておこうと思ったのですが、ここからはネタバレはもちろんのこと、主観が混じっています。それと、まとまりのない文章であることを先にお伝えしておきます。(一発書き推敲なしです……)

どんな影響を与えてくれた作品だったのか

結論から先に話すと、誰しもが感じている(であろう)生きづらさというのを表面化した作品で、その生きづらさに対する一つの答え……とは言わないまでも、アドバイスを送ってくれた作品だったんだと思います。生き方の選択肢、君の人生は君が決めていいんだよって。少なくとも私にとって、本作はそういう位置づけの作品でした。
(全ての作品を網羅しているわけではないのでわかりませんが)今までのドラマではどちらかというと華やかな生き方を、文字通りドラマティックな演出で見ている私たちに希望を見出してくれましたが、本作は夢ではなくアドバイスを、希望ではなく救済を提示してくれました。

仕事との向き合い方について

多くの人にとって働くというのは給料をもらうためであることは、少なからず理由の一つであります。晶さんもこんな会社でどうやって働けばいいんだと訴えるとき「仕事ですから、働いてお給料をもらわなければ生きていけないから働きますよ」と前置きを入れています。
でも、仕事は一日の三分の一以上を占めている時間だから、仕事が楽しくなければ生きるのが楽しくなくなっちゃうんですよね。なんのために生きているんだろうって。人によってはお金のために割り切って働くこともできるでしょうが、そうでない人にとっては、仕事が辛いと生きる意味を失いかけてしまいます。
どちらかというと、今まではそういう割り切り方を是とするというか一般的な考え方だった気がしますが、本作では辞めることも選択肢だと明確に提示しています。自分の生き方が大事ということを教えてくれています。
「あの会社で働けなかったからと言って自信なくすことないよ。どこか別に朱里さんに合う場所がある」「自分を殺して本当に死んでしまう前に辞めます」というのは、そういう人たちにとって救済の言葉であるんですよね。

必要である人間ということ

晶さんは「やめたければやめればいい」という言葉に「自分は必要のない人」だったと落ち込んでしまいます。しかし、晶さんがやめたこと、社長に想いを伝えたことで、それぞれの社員が想いを口に出すようになり、5tapで社長と飲みながら他愛のない話をするようになりました。
おそらく、今回のことを契機に、少しずつ社長や社内の雰囲気が少しずつ変わっていくんだと思います。その場に晶さん自身がいないことは(傍観者としてみている私から見ると)少しさみしいことではありますが、しかしそうやって良い方向へ変わっていくきっかけが晶さん自身にあったのだとすれば、やはりそれは「必要な人」だったということなのだと思います。
そのことは、エンディングで京谷の同僚が結婚する話のところで、京谷の上司が「人間どこで誰にどう影響を与えているかはわからないな」と話したところからみても、自分が誰かにとって「必要である」ということは、目に見えない形で確かに存在するということなんだと思います。
それになにより、恒星さんにとって晶さんは確かに必要な人であることは間違いないわけですから。

自分であることを見失わないために

恒星さんが粉飾決算に手を貸すのが許せなかったのも、悪いことだからという正義や義憤ではなく、悪いことに手を貸してしまう自分になりたくなかったからなんですよね。それは、生き方の選択であり、もっと突き詰めれば自分の生きる意味なのかなって。「人生を賭けるものじゃない」と諭されたときに「逆です、取り戻そうと思っています」と話したのは、悪いことに手を貸している生き方は、自分の生き方ではなく、そんな人生を過ごすことは自分の生きる意味ではないということで。
誰しもが感じている生きづらさって、多分そういう”自分であること”を貫く難しさにあるんでしょうね。
だから呉羽さんの生き方が眩しいし、「自分以外の何者にもなれない(ことを確かめに)」と自分の生き方ではない謝罪会見を中止したときの言葉に共感するわけで。

人生における恋の仕方

私自身、会うたびにドキドキしたり、感情が揺れ動いたりするのを恋愛だと思っていましたが、一緒にいると落ち着く、思っていることを素直に口にできる楽な関係も恋愛なのかなと思うようになりました。
ただ、でもそれって「恋」なの?「愛」なの?なんて考えることもあるんですよね。
晶さんと恒星さんもそういう関係性で、5tapでの会話は見ているこちらも心地の良いものでした。そして、本作ではそれも「恋愛」の形と表現していたように思います。
実際には、そういった関係性は昔から存在していましたし、そういう関係性のカップルは多いと思います。しかし、フィクションの世界ではどちらかというと前者のような恋愛を描く作品が多かったように思います。脚本家の野木亜紀子さん自身も「ラブかもしれないストーリー」と表現していることから、一般的なラブストーリーではないという認識があるのかもしれまん。
確かに、もしかしたら一般的には「恋愛」とは違う概念なのかもしれませんが、あるいは今後はそういった関係性のことを「恋愛」と呼んでもいいのかもしれません。既存の単語で表現することが難しい感情であることからも、いままではあまり脚光の浴びてこなかった価値観なのかもしれませんね。
ただ、個人的には、とてもしっくりする関係性でした。(そしてとても憧れました)

女性にとっての生き方

本作では、ジェンダー的な価値観にも寄り添っていたのかなと感じました。簡単に言えば決めつけや偏見といった部分を、今作では晶さんだったり松任谷さんだったり、京谷のお母さんだったり、様々な登場人物が、自身の価値観を見せてくれました。
私自身が男であることから、この部分について客観的な視点に立つのは難しく、また、少なからず男性的な価値観や旧来の偏見を持ってしまっているでしょうから、女性の視点でどうあったのかを語り切ることは難しいと感じています。
でも、なんとなくですが、今までのドラマって、わりと男性にとって都合よく作られていた作品が多かったんだろうなぁと感じもしました。いや、ほんと、ふわっとした言い方で申し訳ないんですが。

アンナチュラルとの違い

さて、野木亜紀子さん脚本のドラマと言えば「アンナチュラル」がありますが、あちらはエンターテイメントとして楽しませてくれる作品であるなかに、社会的なテーマが散りばめられていたという印象でしたが、「獣になれない私たち」は今を生きる人たちにとっての生き方とはといったテーマを包み込むためにエンタメ要素を加えているような、そんな印象を受けました。
そのあたりのことは野木さん本人しかわからない部分だとは思いますが、

晶さんの待受画像

晶さんが持っていたスマホの待受がクリオネの写真だったのは「見た目は可愛いけれど、時にはグロテスクに噛み付くぞ」っていう部分を重ね合わせてのことだったんですかね。
野木亜紀子さんはそういう小ネタが好きそうな印象があります(もしくは監督?))

最後に

獣になれない私たちが私にとってとても心に刺さる作品だったのは、いま自分自身が感じている悩み……つまりは生き方と合致したからなのだと思います。そして、それに対してのひとつの選択肢、アドバイスを見せてくれたことで心が軽くなったので、作品として好きになれたんだと思います。
人によっては、ただ鬱な展開を見せつけられる作品だと感じるかもしれませんし、自身がそういう境遇に置かれていなければ、エンタメ要素の少ない作品に見えるのかもしれません。
いずれの作品においても持ち得る感想というのは、その人の人生や価値観によって異なるものでしょうから、作品の評価などということをするつもりはありません。
ただ、同じような境遇で悩んでいる人がいたら、ちょっとだけオススメしたい作品だなと思いました。

ありがとうございました、もう少し頑張って生きられそうです。

ガンダムNTを観てきました。

新宿ピカデリーにて。

見ていなかったガンダムUCを見る良い機会だなと思い、2週間ほどかけてガンダムUCを見てから劇場へ足を運んだのですが、面白かったです。

映像的な良さ、音楽的な良さはすごく感じていて、戦闘シーンはもちろんのこと、それ以外のシーンでも、観ていて好感がもてました。

それとリタが可愛い……。

個人的には劇中歌にグッときました。これだけで劇場に足を運んでよかったなぁと思うくらいには。

僕が観た回も満員御礼でしたよ。多分リタが可愛いからでしょうね!

 

さて、今回のテーマに関してなんですが、ガンダムUCの外伝的な立ち位置であることからも、ニュータイプに重きを置いたお話でした。

ガンダム”NT”という冠を持っていることからもそこは伺えるというか、NTにナラティブという意味を含んではいるものの、本作でニュータイプという概念にひとつの答え…方向性を見出そうとしたという表れなんでしょうね。

それはそれで感慨深いものもありつつ、踏み込んだかぁというどこか寂しさもあり…。

 

賛否分かれる作品であることは間違いないでしょうし、その辺りは新作ガンダムの宿命でしょうから、そこに関しては気にしてはいませんでした。

というか、私自身もおもしろいと思いつつも、肌に合わないなと思う部分もあるわけで。

いやもう、ガンダムUCから感じてはいましたが、あれです、やりすぎだなぁと笑。

そういう方向性もありだとは思うけれど、宇宙世紀でやる必要ってあるのだろうかとか、F91までの語られていない隙間というのは、語られていないからこそ良いんじゃないかなと感じていたので、本作でもその点については同様の感想でした。

否定するほどじゃあないけれど、苦笑いしてしまうような、そんな感じ。

お話もスケールが大きかったですね。

いいのかよ、そこまでやってしまってと感じてしまうのは、強さやストーリー展開のインフレが気になるからなのかなぁ。

相対的に過去作品が小さく見えてしまうことがさみしいと感じる、オールドタイプの人間なのかもしれないです…。

 

前述の通り賛否あるので、良かったところもたくさんなので、楽しめたことは間違いないです。

やっぱりガンダムは好きな作品だから、色々語りたくなってしまうだけで、きっとそういうところを含めて、ガンダムは楽しいんです。

いやー、Gジェネをやりたくなったきたな!

ガン!!!ダム!!!

夢をコントロールできたらいいのに。

休日はもちろん、平日もひたすら平昌オリンピックを見ているような、そんな生活を送っております。通勤時間は小倉唯ちゃんや水瀬いのりちゃんのラジオを。

平昌オリンピック

カーリング

男子は20年ぶりの出場。そして女子は、中部電力時代はあと一歩でソチオリンピックの出場権を逃した藤沢五月選手が、LS北見のスキップとして出場。
カーリングは何回見ても飽きのこないスポーツですね。自分でもどうすればいいんだろう、このあとどうなるかと言うのを想像しながら観ることができるのと、選手のコミュニケーションが中継映像に乗っかるので、余計に感情移入が入っているのかもしれません。
(藤沢五月選手可愛いしね……)
オリンピックの中でも一二を争うくらい好きな競技で、毎回必ず見ているのですが、今回は男子も出場しているので、いつも以上に見ている気がします笑。

フィギュアスケート

いやー、すごかったですね。良かったですねほんと。
羽生結弦選手の演技を見ているときは泣きそうになってしまいましたし、ジャンプをするたびにハラハラしてしまいました。
演技のみならず、表彰台に立つとき、ライバルとハグを交わすときなど、彼は本当に何をしているときもかっこいいですね。
人生がドラマティック、アニメ化してほしいです。

久しぶりに同人小説を書こうかという話。

かじかんだ手でタイピングしていると、すべてのやる気が失われるのですね……。

同人活動

いま、数年ぶりに同人イベントに参加しようか迷っていて、とりあえず書きたいものはあるから、申し込むだけ申し込もうかなぁという状態。
参加したいのはこれ。
アイドルマスターシンデレラガールズ 一ノ瀬志希オンリー同人誌即売会【パフュームラボラトリー】
同人って、オンリーがあるときのほうが参加のハードルが下がるというか、参加したい意欲があがるというか。
デレマスで一番好きなキャラのオンリーなんて、ここを逃すとまた数年ないでしょうから、タイミング的には今かなと。
わりと体調に不安を抱える今の状態でも、6月なら熱くもなく寒くもなさそうですし、頑張れそう。

というわけで、書き始めようとしたんですが、実際に書く前にやっておこうと思うことが多いですね。
申し込みするためにはサークルカットを作らないといけないし、サークルカットを作るにはソフトをインストールしないといけないし。
今の御時世pixivIDを併記することも多いから、pixivアカウントを整理しようかなって思ったり、サイトどうするかなって悩んだり…。
なんか、周りを固めたくなるタイプなんですよね……。準備するだけで疲れちゃうタイプ。
これ、一番良くないやつなので、今日のところは全部来週に回して、ガリガリ書き始めることにしました。

以下、参考になりそうなサイト。
www.clip-studio.com
togetter.com
michaelgoraku.blog22.fc2.com

今日の都内は暖かい一日でした。

オリンピックを観て、映画を観て、買い物をしての一日でしたのでその感想を書くわけですが、あれです、昔と違ってネタバレをばんばん書きます。ので、そういうのが苦手な方はご注意ください。
(今後もネタバレありと明記することはないかもしれません)

で、買い物……というかCDの予約をしていたんですが、
私「い、伊藤美来さんのCDを予約したいのですが……」
店員「伊藤美来さん……何かのタイアップですか?」
私「知らないです……」
という、何故か私の伊藤美来ファン度を試される自体に……。

結局、みっくの公式サイトを開いて「このCDです……」と見せたんですが、イベントのためにCDを予約しているのが見透かされているようでした……。

平昌オリンピック

ショートトラック女子3000m予選

序盤に韓国の選手が転倒して半周遅れになったのに、そこから猛スピートで挽回して1位に返り咲くなんていう漫画みたいな展開に、いやもう笑うしかなかったです。強すぎ。
韓国は、ショートトラックでは6大会中5大会で優勝しているらしいですが、化物みたいなチームですね…。決勝も楽しみです。

男子スロープスタイル決勝

昨日に引き続きの視聴。
決勝ということもあって、どの選手も格好良いトリックを決めるのですが、一際輝きを放っていたのが「レドモンド・ジェラルド」選手。
なんか途中にあるレールを横からのジャンプで飛び越える発想は実況や解説も感嘆していましたし、一人違うライン(斜めに進入して)でトリックを決めていて、見ていてすごく楽しい。
17歳という若さで見事金メダルをもぎ取ったわけですが、幼い顔立ちながら凛々しい顔立ちでかっこよいです……。
残りの選手が滑り終えるごとに抱き合ってお互いに健闘を称え合う。スノーボード(というか冬の競技では)当たり前のことなんでしょうが、リスペクトの感情が見え隠れして、そういう部分もスポーツを楽しむ上での良さにつながっていますね。

映画

コードギアス 反逆のルルーシュ Ⅱ 叛道

今作は無印の後編&R2の中盤まで。
無印のエンディングを迎えたあたりで2時間以上経ったんだじゃないかっていうほどの密度の高さ。
ユフィにギアスがかかってしまったあと、ルルーシュが悔いるあのシーンは何度見ても涙が溢れてしまう……。
というか、もう我々はこの結末を知っているわけじゃないですか。
だから劇場内ではすすり泣きがちらほら聞こえてくるわけで……。
まあ公開2日目に足を運ぶくらいですから、それなりのファンがやってきているますよね……。
今作は新規カットの多くを無印とR2のつなぎに割いていて、それなりにスムーズにはなったと思うんですが、それでもR2はかなり駆け足な感じがしちゃいました。
ここだけスザク目線にしているのもあって、あれ…ここどうなっていたんだっけ、混乱することに。
4部作にしても良かったんじゃないかなぁとは思いつつも、さすがに4回も劇場に足を運ぶのは熱狂的なファンだけでしょうし、無印とR2で明確な区切りをつけたら、3作目で観に来る人が一気に減りそうですもんね。
3作目は5月公開ということで、早く観たくて仕方がありません。
(まあ、また泣いてしまうんでしょうが……)

缶コーヒーはUCCが好きです。

ご飯を食べようとお店にいったら混んでいて、仕方がないから近くの高校で開いているイベントに立ち寄ってみたら、いつの間にか元千葉ロッテマリーンズ里崎智也捕手がノックする球を避けるというゲームに参加する夢でした、おはようございます。

平昌オリンピック

男子スロープスタイル 予選

オリンピックはマイナー競技になるほど熱い実況になるのが好きです。
なんかもう、そのスポーツを楽しんでいますよね、実況も解説も。
夏季のトラック競技や柔道といったように、人が対戦する競技は少ないですが、冬季は見ていて美しい競技が多く、そこが魅力の一つですよね。
白銀のステージをバックにボード一つで空を舞う選手は、ほんと格好良いなぁ……。

毎日更新しなくてもいいか…。

日記にかける時間がどうしても1時間を超えてしまう現状を考えると、20分で書けた分だけ公開すればいいかなと思ってきました。あと、毎日書く必要もないかな。どうしたって帰宅時間にばらつきが出てしまいますし……。書いている時間、投稿画面に表示されないかなぁ。

自己紹介2

利き手

左利き。
文字を書いているときや箸を持っているときに「左利きなんですね」と会話を振られることがあるんだけれど、多くの人は「芸術的な感性を持っている」と思っているんですよね。
実際のところ、自分がどれほどそのような感性を持ち得ているのかは不明ですが、「昔はエレクトーンをやっていました」と言うと、やっぱり……と納得してくれるので、左利きとはなかなか良いものです。ええ。
なお、投げるのは右腕です。(利き腕)

好きな球団(日本球界)

埼玉西武ライオンズ
「秋山・清原・デストラーデ」の時代をギリギリ通過しているくらいのファンなんですが、とはいえ私の中でのエースは「西口」ですし、打者で言えば「松井稼頭央高木大成鈴木健」がいたあの時代が、私のど真ん中です。
松坂、中日に入団しましたけれど、どうなんだろうなぁ。横浜高校時代を見ているだけに、今一度輝きを見せてほしい気持ちはあるのですが……。

小倉唯yui*room 2018/2/5

「唯が聞きます」は結構投稿しやすいコーナーだと思うのですが、聞いてもらいたいような悩みがあるかというと、本気の悩みばかりで、逆に投稿するのが躊躇してしまいますね。
先週は、なんでしたっけ、ちょっと変わった趣味を教えてくださいのコーナーには投稿したので、採用されるかどうか楽しみにしています。

新しく覚えた言葉

第四の壁

第四の壁(だいしのかべ、だいよんのかべ、英: fourth wall)は、プロセニアム・アーチ付きの舞台の正面に位置する、想像上の透明な壁であり、フィクションである演劇内の世界と観客のいる現実世界との境界を表す概念である。 観客は、観客席からこの第4の壁を通して演じられる世界を見ることになる。

Wikipediaから。
少なくとも年に一度は観劇をするのですが、この言葉は知りませんでした。この境界線を使ったしかけを劇中に取り入れる作品もあるそうですが、過去に私が観てきた作品の中ではなかったなぁ。
ちなみに、お笑いを観にいったときによく遭遇する観客いじりは苦手です……。