岡田メソッドの誕生(後編)(FOOT×BRAIN (2020/05/17 テレビ東京))

fuuka77.hatenablog.com

プレーモデルの構築

守破離のサッカー

  • 守:基本の型・原則を学ぶ
  • 破:型に個性を加え、発展させる
  • 離:型に囚われず、自在となる

  →原則があるとみんなの考えが同じ方向を向きやすい

状況による指導から、原則を使った指導へ

  • 「いまのは寄るな!、いまのは寄れ!」という会話から、「いまのは"2のサポート"だ」という原則を会話に使う

  →原則を教えるとスムーズに整理ができる

原則をまとめたものが岡田メソッド

2014年 FC今治オーナー就任

マチュアクラブという選択

  • プロチームにゼロから型を作り直すのは難しい
  • 小規模クラブで育成年代からの指導
  • 16歳までの原則を教えるため、FC今治ユース・Jユース・地元中学・高校への指導
  • トップチームでもテスト導入

  →FC今治:5年でJ3参入
  →ユース:四国リーグ昇格
  →今治中等教育学校:全奥高校サッカー選手権 初出場ベスト16

  • コーチ陣がそれぞれのチームを巡回指導

  →2019年度愛媛県高校サッカー新人大会の決勝が「今治東-今治西

岡田メソッド

目指すサッカー

  • 個を最大限に尊重しつつ組織的に戦う

  →日本人が世界で勝つために

サッカーの原則化

  • 共通原則(攻守):サッカーの目的に関する原則
  • 一般原則(攻守):チームプレーに関する原則
  • 個人とグループの原則(攻守)
  • 専門原則(攻守)

  →どうプレーするべきかが明確になる
  →原則は良し悪しではない。そのチームにとっての、プレーの原則。

用語の統一

  • 人によって「くさび」のパスの捉え方(イメージ)が異なっていた

  →ある人は横からセンターフォワードに出すパスも「くさび」と呼んだ
  →「シャンク」「アーム」などの用語を作ることで、それぞれのパスのイメージを統一した

選手や指導者間でのイメージの統一・共有ができる

今治モデル

今治の商店街は誰も歩いていない、デパートは潰れている

  • 成功しても立っている場所がなくなってしまう

  →サッカーで人が集まってくるようなタウンを作る必要がある

  • FC今治を頂点として育成年代をピラミッド化

  →指導者が指導しに行くことで、サッカーをやりたい人が今治に集まってくる場へ

「日本のサッカーはこれだ」と上から与えるのは主体性がない。下から自由にサッカーをプレイする選手が出てくれば自ずと色が出てくる。そうした選手が育てばワールドカップで優勝争いができるかもしれない。そういう夢を持っている

FC今治の活動

スタジアム建設

  • 2017年 ありがとうサービス.夢スタジアム完成(総工費3.8億円)

  →サッカーを知らない人でも憩いの場に
  →サッカー場へ行けばワクワクする、にぎやかになっている

  →自然と一体化し増設可能、ホスピタリティが充実

その他の活動

  • 野外体験

  →しまなみ野外活動

  • 次世代リーダー育成

  →BCU

物の豊かさより心の豊かさを大切にする社会を残したい

僕が癒やされたいときに観る番組たち

バラエティを観るには元気がなく、ドラマを観るには頭を使えそうにない。
そんな、今日は癒やされたいなぁというときに観ている番組を紹介します。

8K ヨーロッパ トラムの旅

僕は旅番組の中でも、街並みが見られるものが好きなんですよね。
もちろん観光名所と呼ばれる各地の建造物やスポットを眺めるのも好きなんですが、その地域での暮らしを想起させてくれる、そういう日常を知るのが好きなんです。
そういう意味でこの番組はとても最適で、ヨーロッパの各地をトラム(路面電車)から見た街並みをヒーリングミュージックとともに映し出してくれます。ナレーションがなく、街の様子に集中できることも疲れているときに観るのにも最適ですね。
ちなみに、街並みだけでなく観光名所も巡っていますので、そちらが好きな人にも楽しめる番組かと。
8Kで見られる環境がある方はぜひそちらで。僕は通常の画質での放送を見ていますが、それでも十分に楽しめています。
www4.nhk.or.jp

ドキュメント72時間

  • 放送局:NHK総合
  • ナレーション:あり

芸能人やスポーツ選手といった華やかな方々の人生は、ときに憧れや可能性を感じることがあります。でもそれって、自分と同じような"普通"*1の方々からも感じることができるんですよね。
自分の人生にはなかった体験や、その体験を通じて得られる新しい価値観は、もっと大きな言葉で言えば「人生観」というものを変えてくれます。そして、そんな人生観を変えてくれるのがこの番組です。
そんな難しいことを考えてしまうこともある番組ですが、しかし人々の何気ない日常を切り取ったこの番組は、そんな難しいことを考えずに、色んな人の日記を読んでいるような気持ちにもさせてくれるので、癒やされたいときにもぴったりな番組になっています。
また、現在は傑作選と題して過去の良かった回が再放送されていますので、見始めるタイミングとしてもおすすめです。
www4.nhk.or.jp

パン旅。

僕のやりたいことのひとつに、個人経営のお店を巡って色々なおいしい食べ物に触れたいというのがあるんですよね。それは、コーヒーだったり、ケーキだったり、色々な食べ物に対して言えるのですが、なかでもパンは食べ歩きたいもののひとつなんです。
だけど、パン屋さんって本当にたくさんありますし、(僕だけかもしれませんが)パンを買いに行くためだけに電車に乗って出かけるというのも、なかなかにハードルが高くて行動に移せていなかったんですよね。
そんな、パン屋さんのパンを食べ歩くという願望を満たせてくれるのがこちらの番組です。
メインの木南晴夏さんは落ち着いたふるまいと喋り方をされる方で、ゆったりした気分で見ることができます。また、パンに対する素直な気持ちが伝わってくるので、自然と心の中があたたかくなってきますね。
不定期放送なのでなかなか観るのは難しいかもしれませんが、再放送などがあったときにはぜひ。
www4.nhk.or.jp

グレーテルのかまど

日々の食事と違ってお菓子は必ずしも食べる必要のないものですので、なかなか新しいお菓子に出会わなかったり、ひとつのお菓子を深く掘り下げることが少なかったりします。そうしたお菓子との出会いを届けてくれるのが、この番組です。
瀬戸康史さんが実際にお菓子を作るのですが、そうした製作過程が見られるのもこの番組の良さのひとつです。作っているときに見られる天の声さんとの軽妙なやりとりも、見どころのひとつですよ。
甘いものは口に含むだけで心を癒やしてくれますが、目で見ることでも癒やしてくれるんですね。
www.nhk.jp

世界遺産

  • 放送局:TBS
  • ナレーション:あり

みんな大好き世界遺産
途方も無い年月とその文明を想像させてくれる世界遺産って、見ているだけで好奇心をくすぐりますよね。
疲れているにはその美しい景観、あるいは厳かな振る舞いなどに心が洗われますし、歴史を感じることで自分が生きている現在や自分自身の人生にもどこか意味を感じてきて、なんだか少し元気になれます。
実際に訪れるには更に気力や体力が必要ですが、いつかどこかに訪れてみたいと感じさせてくれますね。
www.tbs.co.jp

その他にもご紹介したい番組はあるのですが、一旦この辺りで。
それでは。

*1:ここでいう普通というのは人生の優劣ではなく、芸能人のように多数の目に触れることのない、一般的な生活のことを指しています。

「仕事は好きでやっていること」と自然に口に出せるようになりたい

上田麗奈さんのラジオを聴いていたら、次のような言葉が飛び出てきた。

「お仕事は好きでやっていることだからいいけれど」

文脈上それほど重要な部分ではなく、おそらく自然に出てきた言葉だと思う。
けれど、耳にした僕は「お仕事は好きでやるもの」という、そんな当たり前の……当たり前だった感情を忘れていたことに気がついた。

いまの仕事を好きだと思えなくなったのはいつからだろうか。
今の会社には「社会を支える意味のある仕事」だと思って入社した。
志だけではモチベーションを保てなくなったとき、周りの人の優しさから「この人達が幸せになるために仕事をしよう」と思うようになった。

この仕事が「好き」かと言われれば、多分最初から違ったんだと思う。
でも、誰かのために仕事をすることは「やりたいこと」だった。

それが、いつしか。
企業としての方針や理念、役員や管理職の考え方に共感が持てなくなり、必ずしも優しい人ばかりがいる職場ではないことにも気がついてしまった。

誰かのために仕事をすること。
それは今でも「やりたいこと」に変わりはないけれど、今の会社でそれが続けられるかどうかはわからない。
そして、正確には「やりたいこと」というのは「こうありたい自分」を実現するための一部分なんだと気がついた。

「こうありたい自分」を実現するためには、別にいまの仕事でなくても良いのかもしれない。
もしかしたら「やりたいこと」よりも「好き」を感じられる仕事をしている方が、「こうありたい自分」に近いのかもしれない、そういうことに気がついてしまった。

だって「仕事は好きでやっていること」という言葉を、僕も自然に口に出せるようになりたいと思ってしまったから。
twitter.com